防犯対策をしよう|ドアノブ交換は鍵屋に依頼|鍵に関する専門家

ドアノブ交換は鍵屋に依頼|鍵に関する専門家

レディ

防犯対策をしよう

ワーカー

外部からの侵入も想定

最近の食品の事故は、様々な要因が挙げられています。原材料由来のものから、施設内で使用した殺虫剤の混入、そこに、不満を持つ従業員によって引き起こされるものなど、どこに絞ればよいか、わからなくなってしまうほどです。しかし、最も怖いものといえば、外部から侵入してきた不審者によるものです。最近は、派遣社員を雇う会社も多く、会社の勝手を知ったうえで、犯行に及ぶといった方法をとることも可能で、いくら注意しても注意しすぎることはないほどです。そういった不審者に対して、警戒していることを示すことは重要なことです。最低限、防犯カメラを設置しておき、侵入者を映像に映し出していることで、何かあった時の足掛かりになる体制は必要なのです。

可動可能な防犯カメラ

最近の防犯カメラは、多機能が付随してきます。パソコン上で、防犯カメラの映像が確認できることはもちろん、その防犯カメラを可動させることもできます。そのため、工場から離れた状況にあっても、すぐにその内容を確認することができるようになっているのです。また、ズームアップ機能があれば、従業員の手元の状況を確認できるだけでなく、すべての従業員の顔を映し出すことも可能になっているのです。こういったすべてを従業員にアピールする必要はないものの、会社として、安全性を確保するために、さまざな施策を行っていることを知らしめておくことで、予防体制とすることは意味があります。そんな気も起らない、という体制を持っていることが重要なのです。